彫刻と言葉と弦楽「表現のありか」✨

彫刻と言葉と弦楽「表現のありか」✨
ダニエル書と詩篇118篇を小泉恵一さんの重厚感あふれるお声で聞き入り、御言葉が心に染み渡りました✨
小泉恵一さんの聖書の御言葉をそのまま表現されている作品が語りかけてくるようでした✨
御言葉と御言葉の間にチェロ奏者の即興演奏が更に魂に響き渡ります✨
作品と聖書の御言葉とチェロのコラボは、言葉で表現することの出来ない。まさに神様がくださった崇高な時間でした✨
人間の原罪の故に、人類は罪を犯してしまいます。
罪には裁きがあります。
先祖たちが犯した罪、私たちが犯し続ける罪、国が犯す罪…
神様に赦しを必死で祈らなければならないのです。
聖書には、これから起こる裁きとご計画についても書かれています。
しかし、聖書には、罪の赦しと救い、神様の人類に対する深い愛と憐れみ。
そして、天国への希望も書かれています。
作品を少人数で囲み、聖書の御言葉を魂で聞き入り、味わい、語り合う時間は、忙しい毎日の日常を生きている中で、大変貴重な時間となりました。
神様、今、現在、起きている世界の情勢を一番悲しんでおられるのは、神様ですね。
神様、どうか全人類の罪をお許しください。
どうか救いに導いてください。
神様の愛と平和でこの世界を包んでください✨

動画はこちら